自動車保険は自分のタイプに合ったものを選ばないと、せっかくの保険が無駄になってしまう場合もあるので注意が必要です。

タイプ別自動車保険の選び方

新車購入間もない場合に適している自動車保険

車を運転する新入社員

新車を購入した時にお勧めしたい保険というのはやはり車両保険です。

車両保険もですが、掛け金は高くなりますが、SAP等の自家用自動車総合保険に加入する事をお勧めします。

まず車両保険は車自体の保障をしてくれます。

車というものは決して安い買い物とは言えません。

軽自動車でも100万近く必要とします。

普通車となると数百万はします。

新車を購入して間もない時に盗難や水害に見舞われたら、車両保険に加入していないと保障が効きません。

そうなると、新たに新車を購入するか自腹で修理が必要となります。

特に水害ですが車が浸水した際、座席下にあるエンジンに水が入ることでエンジンがかからなくなります。

浸水が収まりある程度時間が経つと乾いてエンジンがかかる事もありますが、まさに運が良いといえます。

通常はエンジンがかからなくなりまた車の心臓部分である為、エンジンだけを交換するというのも困難です。

結局は車両本体ごとを交換しなければならないのが実情です。


他には追突事故等のもらい事故といわれる交通事故に見舞われた場合も大変です。

相手の加入している任意保険の内容によっては十分な補償が受けられない場合も少なくありません。

自分と車を守るためにも、保険内容はかなり充実させておいた方が無難です。

どうしても掛け金が高すぎて、支払いが苦しい場合は、せめて車を購入した初年度、もしくは最初の車検が訪れるまでは車両保険をかけておくだけでもかなり状況が違ってきます。


 

車は所有しないが運転する機会がある向けの自動車保険

車を持ってない夫婦

車の運転は何も自家用車を所有してる人だけがするとは限りません。

自家用車を所有していなくても、運送業や運転手等の仕事をしている人は職場で車を運転する事となります。

そういう方は職場で所有している車両に必ず任意保険が掛けられてはいます。

万が一事故を起こした場合は、職場で加入している任意保険を使用する事となりますので、職場に迷惑をかけてしまう事となります。

更に任意保険の内容によっては、運転者本人が賠償金を支払わなければならない場合があります。


例えば、職場の任意保険に車両保険が加入されていない場合。

自分が職場の車を運転していて物損事故を起こしてしまったら、運転者本人か会社がその代償を支払う事となります。

企業によっては査定に影響する場合があります。

そうならない為にも何らかの対処ができる様にはしておきたいものです。

こういったケースでちょうどいい保険がドライバー保険です。

通常の自動車保険は、契約時に登録された車両と運転者に対してのみ適用します。

ところが、ドライバー保険は車両関係なく人に対しての保険であるため、自家用車に限らず会社の車両・レンタルカー・知人の車両を運転した場合でも保障が受けられます。

このドライバー保険に加入しておくと、万が一会社の車両や知人の車両を運転した場合、会社や知人の任意保険を使うこと無く自分の保険で全て対応ができます。

ドライバー保険は、一般の自動車保険よりはやや割安となります。


 

ドライバー歴が長い人向けの自動車保険

車の画像

当たり前のことですが、ドライバー歴が短い人と長い人とでは、事故を起こす確率も違ってきます。

ドライバー歴が短い方は一般的に事故発生率が高い傾向にあります。

運転に慣れたドライバー歴長めの方は、走行時の目線の運び方も余裕があり、より広範囲に注意を払うことができる為、事故の発生率も低くなります。


任意保険というものは、年齢によって特約があります。

これらの現状からみて若年層は交通事故を起こす率が高くなる為、保険料が高くなります。

30歳を境に年齢制限特約というものが付随する為、割引されていきます。

一般的には30歳以上、35歳以上、40歳以上といったところです。

運転者の年齢が30歳以上であれば、この年齢制限特約を活用したらいいでしょう。

ただし家族等、他の方が運転する場合は、他の運転者で最も低い年齢を基準に検討します。

30歳未満の方がいる場合は、その方が運転して事故した場合は無保険となりますので注意して下さい。


あとゴールドカードを所持している方や、10年以上無事故無違反のドライバーの方は、ゴールドカード特約といった保険料割引の特典があります。

そして、SDカードを所持している人は更に保険料が割安になる場合があります。

このSDカードはあまり知られてはいません。

発行は運転免許センター等で可能となっており、任意保険の割引特典が受けられるだけではなく、通常のショッピング等で割引を受ける事もできます。

かなりお得な制度となっていますので、10年以上無事故無違反の方はこのSDカードを申請してみるといいです。


 

車の運転を仕事としている人向けの自動車保険

駐車場の車

地方在住で、車で通勤している運送業の方や運転手を仕事にしている方は、ほぼ365日中、車を運転しているかと思います。

事故に遭遇するリスクも高くなりますが、ドライバーとしては熟練者でもあります。

毎日運転しておれば、さすがに慣れるというものです。


ただ、いくら安全運転を心掛けていても、周りのドライバーから危害を与えられる可能性はあります。

優先道路を走行していても、一時停止や信号を無視して交差点に入りこむ車両や、割込運転、追突事故等、不本意に事故に巻き込まれる可能性も考えられます。

そういった心無いドライバーから、自分の身や生活を守るためにも、任意保険というしっかりとしたお守りは持っておくべきです。

最も確実な保険はあらゆる事故や損傷をカバーできるSAPに加えてドライバー保険に加入すると良いです。

もし余裕があれば、人身傷害賠償保険に加入しておくようにしましょう。

ドライバー保険は、会社の車両を運転する際に自分が引き起こした事故の賠償ができます。


また、レジャー先でレンタカーを借りた場合も同じく保険適用となります。

そして人身傷害賠償保険は、車を運転していない場合、例えば歩行中に事故に巻き込まれた場合に保障が適用します。

また、会社の車両を運転中に事故で怪我をした場合も適用します。

この場合は、ドライバー保険、人身傷害賠償保険両方が適用します。

いずれかの保険でカバーできなかった分はもう片方の保障でカバーということもできます。