自動車保険は自分のタイプに合ったものを選ばないと、せっかくの保険が無駄になってしまう場合もあるので注意が必要です。

タイプ別自動車保険の選び方

移動手段として自家用車を利用するケース

車で通勤

現在の自動車保険は、それぞれのライフスタイルに合わせた内容が自由に選べるようになっています。

自動車免許を所持していても、住んでいる地域や生活リズム、仕事内容によって自動車を運転する頻度は大きく異なってきます。

最も自動車を運転するケースが多いのは、やはり通勤手段として自動車を運転するケースです。

都心部や主要都市は電車や地下鉄等の交通機関が充実しており、自動車を運転する必要性が薄いといえます。

特に都心部においては人口が密集しており、車両の数もかなり多く、僅かな距離を車で移動するのもかなりの時間を要します。


また駐車場代も地価が高い為に地方都市の倍以上の価格であり、維持費がかなりかさんでしまいます。

したがって、通勤で自動車を使うケースというのは、地方都市等の交通機関が未発達な地域であります。

地方都市は人口が少ない為、公共機関の乗車代がかなり高額です。

山間部となるとバスも無く、自動車が無いと生活ができません。

万が一事故を起こした場合は、当然ながら生活に支障をきたす事となります。

自動車保険もより充実した内容が求められます。

運転する頻度が高い為、多少掛け金が高くなりますが、対人、対物、車両、同乗者、無保険者に関する保障ができるSAPという自家用自動車総合保険がお勧めです。

この保険のメリットは、示談交渉を保険会社が全て行ってくれるというものです。

更に保険会社によっては弁護士特約という、訴訟に至った場合の弁護士の手配やその費用もカバーしてくれるようになっています。